校長より

 校長あいさつ  

 令和3年度が始まりました。昨年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のために出ばなをくじかれたので、「今年度こそは!」という思いで新たな年度に臨みました。しかし、ウイルスとの戦いは苦戦を強いられており、今後どのような状況になるのか予断を許さないというのが現況です。このような状況ですが、原町高校においては、授業はもとよりさまざまな行事を、感染対策をさらに強化しながらコロナ禍バージョンに見直し、出来るだけ実施していきたいと考えています。

 原町高校は2019年に県教育委員会より進学指導重点校の指定を受け、相双地区で進学指導における中心的役割を果たすとともに、生徒の高い志を支援し、質の高い学びをとおして進路目標を実現できる学力を定着させ、各分野のリーダーとして地域の発展に貢献できる人づくりに励んでおります。さらに、県立高校普通科における特色ある教育プログラム導入計画において、2023年度入学生から「保健・医療関係従事者養成」と「教員養成」に取り組むこととなっております。

 このように益々高まる本校の地域における人材育成の使命を自覚し、社会的背景としてあげられる、持続可能な社会(SDGs)、Society5.0の到来、多様性の尊重などに積極的かつ柔軟に取り組むことのできる生徒の育成を目指し、教職員が一体となって生徒を支援することによって「原町高校に入学して良かった」と心から思ってもらえるような教育を実践してまいりますので、ご理解ご支援のほどよろしくお願いいたします。 

                                                                 校 長 山 崎 雅 弘