学校生活

学校行事

伝統の原高相高野球定期戦が行われました

 4月14日(土)に南相馬市野球場にて震災後5回目となる原高相高野球定期戦が開催されました この定期戦は1983年から続いている原町高校・相馬高校の伝統行事で、震災で休止していましたが平成26年に復活しました。
 1年生は生徒会を中心に有志で構成された特設応援団とともに放課後、校歌・応援歌の練習を重ねてきました。特設応援団と1年生や2,3年生の有志らは青いメガホンを手に吹奏楽部の演奏する曲に応じた振り付けやかけ声で、多くの保護者や一般の方々とともに応援を大いに盛り上げました。試合は9回4-4の引き分けとなりました。

   

  

  

  

  

  

  

 

部活動紹介が行われました

 4月11日(水)5・6校時に部活動紹介が行われました。新1年生に各部の代表が活動内容・実績をアピールし、新入部員を募集しました。各部とも活動内容の実演をしたり寸劇で笑いをとったりなど工夫を凝らした紹介を行い、大いに盛り上がりました。

       

       

      

対面式が行われました

 4月11日(水)に対面式が行われ、新入生を在校生の2・3年生が歓迎しました。生徒会長からは「原町高校は勉強や部活動、生徒会行事などたくさんのことを楽しめながら学べるところです。これから一緒に学校生活を充実していきましょう!」と原町高校生としての自覚やこれからの心構えについての話がありました。また、生徒会から新入生に歓迎のブリザーブドフラワー贈呈も行われました。新入生もあらためて原町高校の一員としての自覚が芽生え、今後の学校生活への期待に胸をふくらませていました。

     

 

     

 

     

平成30年度入学式が行われました

平成30年度入学式が行われました。
152名の入学が許可され、新入生代表による宣誓がおこなわれました。
本校で充実した3年間を送ることを期待します。

 

 

 

 

 


第70回卒業証書授与式が挙行されました

 3月1日(木)第70回卒業証書授与式が挙行されました。

 多数の来賓の方々のご臨席を賜り、153名が卒業しました。 風雨の厳しい中での式でしたが、卒業生が校舎を出るときには素晴らしい晴れ空になりました。卒業生全員の輝かしい前途を心から祝福いたします